古代インドの書物(バガヴァッド・ギーター)より

自分が地位や富を得ることの幸せは、他の誰かの富や権力を奪う不幸との裏表である。 人は、何かとてつもない出来事が身に降りかかるってはじめて、そのことについて考え始める。自分とは何か、人として何をするべきか、死によって終わり […]

なににもフォーカスしないが瞑想の基本

瞑想の基本は、魂(心)が肉体(欲・偏見・思い込み・過去の記憶など)の支配から解放されて、本当の自分を発見することにあると、古代インドの書物に書かれています。 そのためには、五感と心を切り離す必要があります。その方法が瞑想 […]

運命は決まっているのか?

瞑想と運命に関して、古代インドのバガヴァッド・ギーターでは、創造神クリシュナが武将アルジュナに、「(神である)私は何も約束しない」と言います。 つまり、何か目的を持って行動したとしても、それが実現するかどうかは人間には判 […]

自分より心の綺麗な人間を付き合うべき

心を綺麗にするには、自分より心が綺麗な人と付き合うしかない。 自分自身で自分を綺麗にするのはなかなか難しいからだ。 さらに、心が濁った人間と接していると、自分の心も濁ってしまう。 しかし、そうだとすると、自分より心が綺麗 […]

映画の録音では、お化けの声がよく聞こえる

映画の現場では、よく、あり得ない声が聞こえるんだ。 科学的じゃないというかもしれないが、録音という科学技術で考えると、その場所にそんな音源がない場所で、聞こえてくるんだ。 これが私の映画の仕事のブログだが、ちょっと確かめ […]

タバコの葉と瞑想

古代からタバコの葉や香木が瞑想に入るためによく使われます。 現在の紙巻きたばこは、タバコの葉の有効成分よりも、燃焼材や包み紙が体に悪く、特に燃焼材は石油なので、よろしくないのです。 本当のタバコの葉は、火をつけて置いてお […]