“Love of Tantra & Kama Sutra” was published!

The book was published at the Kindle Store.
It is the English version.
This book is wonderful wisdom of ancient India into one volume.
I examined the relationship between Tantra and Kama Sutra, and further judged from Japan’s AV experience.
Using numerous CG images.

We sell it at Kindle store in various countries around the world.

The main sites are as follows.

Please try searching for “B07CQ3Y57J” on Amazon in your country.
Perhaps it’s an adult page.
The price is about 4.99USD.

I got ready for publication.

” Love with Tantra & Kama Sutra” has finished writing.
The proofreading work is over and the publishing process at Kindle has started.

LoveTantra(S)

“Kama Sutra & Tantra” I wonder what title of this book will be.

Now, although it is a book of Tantra and Kama Sutra that I am writing in Japanese and translating into English, I put a lot of CG images of sexual posture.

All posture is made into CG. However, since there are many mistakes in the English version of “Kama Sutra” that I refer to, I translate it back from Sanskrit.
It seems to be finished in a very practical book.

Currently I am worried about what to name the title.

私が日本語で書いて英語に翻訳しているタントラとカーマスートラ の本ですが、私は体位のCG画像をたくさん入れました。すべての体位がCGになります。
しかし、私が参照している英語版の「カーマスートラ」には多くの間違いがあるので、私はそれをサンスクリット語から翻訳ています。非常に実用的な本に仕上がる予定です。
現在、私はタイトルに何を命名するか悩んでいます。

Translation of Tantra’s book is proceeding.

70% of the translation has been completed.

for example

15. “splitting of a bamboo”

The woman places one of her legs on the man’s shoulder, and stretches the other out, and then places the latter on his shoulder, and stretches out the other, and continues to do so alternately.

It is the “prologue” of the book I am writing now.

Currently I am writing a book called “Secret of Tantra”. The Japanese version is complete, so I translate English. I am poor English, so please forgive me for mistakes.

# Introduction #

Does everyone like sex? I love it. It is not an exaggeration to say that I like it abnormally. Not only that I like to have sex, but also like to study. I am fortunate to have that “sex love”, I became AV(Adult Video) director and AV actor, and established up to AV maker.

However, one day suddenly I am tired with making AV.

Or, it is fun to have sex in public, and I think that two men and one woman are good if they are 3P. But I was tired of making AV.

The reason is that women never reach true ecstasy in AV. AV is a play. It is a fantasy for men. It looks like real, but it’s fiction.

I thought. This is not it. The sex I am aiming for is not such a thing. It should be more wonderful. Then, what should we do?

Of course, I am doing a lot of sex. So, by me, it is easy for women to reach ecstasy. Many women who did not know the ecstasy ever gave me the word to thank you for giving me “beautiful ecstasy”.

That’s right. Most women do not know true ecstasy. What does this mean?

It was Tantra that I met at such time. Tantra is the ultimate sex method. And, when I looked at why Tantra was born, in ancient India, sex was a national event, a driving force to stabilize the country, becoming a source of happiness of the common people. Sex was seriously studied as a philosophy to be happy, not mere sex of pleasure, which is summarized in the scripture called Tantra.

Oh, this. What I was looking for!

However, the information of the tantra in japanese was very ambiguous and unknown. No, the information on Tantra seems to be a taboo in many countries, so it seems that neat things are not left in the existing books and information. So I studied Sanskrit language, an ancient Indian language, read many books at the same time as Tantra, and began searching for the secret of Tantra.

Everyday I read books in Sanskrit word every day, because I am out of AV maker. I am happy, but it is a very poverty. My family is a nuisance.

However, I’ve been studying it by betting my life.

This book compiled the information of the tantra that I found out, which I actually checked while trying one by one in sex. And it is also a book that exposes the mystery of “the ultimate ecstasy” that I could taste to everyone.

I can not think Tantra sex is from this material world. However, the tantra is actually an advanced philosophy. Tantra is to unravel its difficult and advanced philosophy with the mystery power of sex.

Let’s introduce the final goal of everyone who reads this book.

If you do tantra sex and understand the meaning of sex, the values ​​of life will change at all. I would like everyone to experience it.

Taro Aoyama

Keio University Law School graduate(1990), writer, script writer, religious researcher. Published many books.
Adult Video director & Actor.

愛のタントラ性技の本を書いています: a book for beginners about Tantra sex

I am writing a book of love’s tantric sex technique for beginners.

I will explain how to fuse Kama Sutra skills with Tantra and get mysterious ecstasy.

Currently I am writing 10000 letters and I plan to publish at Kindle this month.

セックスという瞑想

性交中の瞑想は、多くのことを教えてくれます。
インド哲学の基礎である、自分を見つめるということを実践することで分かるのです。

エクスタシーは2種類

エクスタシーには二種類あることが瞑想で分かります。
一つは肉体のエクスタシーで、肉体的な刺激を受けることによってほぼ自動的に訪れます。これは動物的な反射運動です。発情期の動物が何かに突き動かされるように自分を止められずに行うセックスは、このエクスタシーを標的にしているのです。

もう1つは精神的なエクスタシーで、こちらは、おそらく人間だけに与えられたエクスタシーだと思われます。極端に言えば、体を触れ合うことなしに絶頂を迎えることができるのが精神的なエクスタシーです。これは、誰でも手に入るものではなく、熟練した男女の関係によってのみ生じます。ただ、片方に高い能力があれば、相手が未熟であっても精神的エクスタシーに達することも可能です。

男性のエクスタシー

男性の射精は非常に簡単で、リンガへの刺激が一定量を越えれば自動的に射精が起こります。つまり、男性は半分動物であり、非常に簡単に肉体的エクスタシーが手に入るし、その虜になってしまいます。つまり、多くの男性は、この肉体的エクスタシーだけを求めてセックスをしようとします。その時の男性の脳は、完全に動物・獣です。男性の肉体的エクスタシーは、非常に器が小さく、たった一度の射精で満たされてしまうことが通常です。器が大きい男性でも、数回の射精で情熱は空っぽになります。これが男性の肉体的エクスタシーの特徴なのです。
ところが、精神を鍛えた男性は、リンガなどへの刺激を自分の心で打ち消すことができます。ですから、射精を自在にコントロールすることができます。射精欲求をコントロールすることができるだけの精神力の有無が、男性の性的な能力でもあるのです。
この「肉体からの刺激」を心でコントロールすることができる男性は、精神的エクスタシーを知っているとも言えるでしょう。男性の精神的エクスタシーは、悟りに近いとされています。

女性のエクスタシー

女性の肉体的エクスタシーは、非常に曖昧で不安定です。若い女性の多くがエクスタシーを知らないと言われることもあるくらいです。 女性でもバイブレーターなどを使うと、肉体的なエクスタシーが自動的に訪れます。これも男性の肉体的エクスタシーと同じで「獣の快楽」です。
女性も精神的なコントロールでエクスタシーを先延ばしにすることができます。しかし、男性と違い、先延ばしにする必要性が薄いので、そうした能力を身につける必要はないかもしれません。
むしろ、少ない刺激でエクスタシーに達するという「エクスタシーの引き寄せ能力」の有無が女性の性的能力で非常に重要になります。女性の精神的エクスタシーは深い瞑想状態と双子のようです。全く同じかも知れません(私は男性なので断言できません)。ですから、短い時間でエクスタシーを得るには、短時間に深い瞑想に入るというのと同じです。

精神的エクスタシーを得るには

世の中にはエクスタシーを得る情報は数多く存在します。しかし、それは肉体的エクスタシーの情報です。肉体的エクスタシーは自然界の法則に従うので(この世の物質だから)、気候や季節と同じで常に揺れ動きます。ですから、同じ方法を使ってもエクスタシーを得られたり得られなかったりします。空に浮かぶ雲のように不安定なのです。 だから、これをいった決定的な方法がないのです。本やネットの情報どおりにやっても、そのとおりにならないのです。
精神的な世界は世界は普遍です。ですから、精神的エクスタシーを求めれば、常に安定して最高の状態になります。求める気持ちがあれば、必ず手に入ります。

では、その方法は? 瞑想と同じです。肉体の感覚を見つめる自分を探すことです。肉体的刺激の向こう側になる自分を見つけることです。具体的には、自分の感じる部分にだけ意識を集中し、その感覚を俯瞰する自分を見出せば良いのです。

目を閉じ耳を塞げ

つまり、まずは、目を閉じ耳を塞ぎます。耳を塞ぐのは難しいので、リラックスできる音楽に包まれて性交を行います。目を閉じるだけでは足りないかもしれません。部屋を真っ暗にするのもいいし、むしろ目隠しをするくらいの方が集中が高まります。
視覚と聴覚が失った肉体は、触覚を高めます。その高まった触覚をフル活用するべきです。特に男性の目を塞ぐことは重要です。男性は目を開いている時には獣になっているからです。

ランキングに参加中、クリックよろしくお願いします。
同じ話題のブログ一覧もあります。
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

般若心経の意味

タイの高僧チャーンチャイ長老にお会いして、あらためて般若心経を読経しました。勉強し直すつもりで、様々な解説を読み直しました。

サンスクリット語も少しは読めるので、その意味と、さらに古代インド哲学の考え方で般若心経を読み直すことにしたわけです。

このサイトが凄すぎる

それで見つけたのがこのサイトです。
非常に素晴らしい。
書いたのは佐藤隆定僧侶(禅・曹洞宗)
インド哲学の真髄をそのままに、仏教の境地をきちんと反映させてあります。びっくり。
ほとんどの般若心経の読み方は、単に漢語を日本語に訳しているだけなので、誤訳がたくさんあります。「色即是空」の訳がまったく間違っているものばかりです。

でも、上記のサイトの佐藤僧侶の訳は、おそらく僕の知識の上では完璧に近いと思います。

著書が出ているので、早速購入しました。読み込みます。

般若心経

摩訶般若波羅蜜多心経
(まか、はんにゃはらみったしんぎょう)

観自在菩薩、行深般若波羅蜜多時
(かんじざいぼさつ、ぎょうじんはんにゃはらみったじ)
照見五蘊皆空、度一切苦厄。
(しょうけんごうんかいくう、どいっさいくやく)

舎利子。
(しゃりし)
色不異空、空不異色、色即是空、空即是色。受想行識、亦復如是。
(しきふいくう、くうふういしき、しきそくぜくう、くうそくぜしき、じゅそうぎょうしき、やくぶにょぜ)

舎利子、是諸法空相。
(しゃりし、ぜしょほうくうそう)
不生不滅、不垢不浄、不増不減。
(ふしょうふめつ、ふくふじょう、ふぞうふげん)
是故空中、無色、無受想行識。
(ぜこくうちゅう、むしき、むじゅうそうぎょうしき)
無眼耳鼻舌身意、無色声香味触法。
(むげんにびぜっしんに、むしきしょうこうみそくほう)
無眼界、乃至無意識界。
(むげんかいないしむいしきかい)
無無明・亦無無明尽、乃至無老死、亦無老死尽。
(むむみょう、やくむむみょうじん、ないしむろうし、やくむろうしじん)
無苦集滅道、無智亦無得、以無所得故。
(むくしゅうめつどう、むちやくむとく、いむしょとくこ)

菩提薩埵、依般若波羅蜜多故。
(ぼだいさった、えはんにゃはらみったこ)
心無罣礙、無罣礙故、無有恐怖、
(しんむけいげ、むけいげこ、むうくふ)
遠離一切顛倒夢想、究竟涅槃。
(おんりいっさいてんどうむそう、くぎょうねはん)

三世諸仏、依般若波羅蜜多故、
(さんぜしょうぶつ、え はんにゃはたみった こ)
得阿耨多羅三藐三菩提。
(とく あのくたらさんみゃくさんぼだい)

故知、般若波羅蜜多、
(こち、はんにゃはらみった)
是大神呪、是大明呪、是無上呪、是無等等呪。
(ぜだいじんしゅ、ぜだいみょうしゅ、ぜだいじょうしゅ、ぜむとうどうしゅ)
能除一切苦、真実不虚。
(のうじょいっさいく、しんぶつふこ)
故説般若波羅蜜多呪、即説呪曰。
(こせつ はんにゃはらみった しゅ、そくせつしゅわつ)
羯諦羯諦、波羅羯諦、波羅僧羯諦、菩提薩婆訶。
(ぎゃてい ぎゃてい、はら ぎゃてい、はらそう ぎゃてい、ぼじそわか)

般若心経
(はんにゃしんぎょう)

にほんブログ村 哲学・思想ブログへにほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ

内なる声を聞く Hear your inner voice.

これまで私は映画やCMを作って来ました。
I have made movies and commercial films.

これは、自分の外側に答えを見つける作業です。
This is the work which finds  responses outside myself.

しかし、答えは自分自身の中にあります。
But an response is in oneself.

性の答えも、自分の中にあります。
A sexual response is also in oneself.