「tantra」タグアーカイブ

辛い時の瞑想について

人生では辛いことがたくさんなりますね。
人間関係、お金、仕事、自分の未来、才能や能力。
こうだったらいいのに、と思うことばかりです。
思い通りにいかないことばかりで辛いです。

瞑想してみた

瞑想は、魂(宇宙のエネルギー)と体(物質)の両立と分離を意識するための1つの方法だと古代インドの哲学者は考えました。

全ての悩みは物質からもたらされ、物質が主役になっている時の一時的な状態だと。

なぜ、古代の偉人たちは、そう考えたのでしょうか?
古代の人たちも、皆、同じような悩みを持っていたのでしょう。自分のこと、家族のこと、好きな人たち、嫌いな人たち、そして、親が歳をとりボケてゆく姿、そして自分も同じようになり、日々の悩みは、常に変化して、結局、人は近い記憶から失っていき、子供の頃の記憶にもどってゆく。それは、記憶もまた物質であって、筋肉が衰えるのと同じように記憶も心も衰えてゆのを親の姿の中に見てゆく。

心もまた物質だとしたら、そんな親の姿を季節の移り変わりと同じように遠目に見ることができることに気づく。親の姿はいつかの自分であると気付き、財産や地位と同じように自分の肉体もいつかは無になるという現実を受け入れることを努力する。

瞑想してみた

ボケた親が、真夜中の3時に、何度もいつ家に帰るのかと聞いてくる。ここが家なのに。子供の頃に住んでいた満洲に居ると思っていたり、引き揚げてから住んでいた島根だとおもっていたり、ここが病院だと思っていたり。

母に、瞑想を教えておけばよかったと、つくづく思う。
こだわりを捨てる技を教えておけばよかったと、つくづく思う。

きっと、古代の人たちも、どうすれば親を安らかにできるのかと考えたに違いない。何も、信仰がどうの、修行がどうのというのではない。純粋に、安らかであるにはどうするのかを、1つ1つの出来事の中で見出そうとしていたに違いない。

記憶は物質である。気分も物質である。心も物質である。

そう結論づけることで、多くのことがわかってくる。
なぜ、昨日までの気分が今日は違っているのか。
身の回りの状況は何も変わらないのに、心だけが勝手に変わる。
記憶もまた、勝手に書き変わり、無常である。

しかし、世の中には普遍なものもある。宇宙は常に存在し、自分も常に存在している。その自分とは、移り変わる心でも体でもない、その奥底にある「何か」だ。

瞑想してみた

古代の偉人たちは、普遍を分かろうと求める性質、物質の最上を求める性質、流されることを好む性質の3つがあることを発見している。

瞑想の中に、それを見出すことができるのだろう。

museの瞑想でアトピーを克服




年末から2ヶ月以上、湿疹で悩んでいるんだ。
蕁麻疹として発症して、子供の頃の酷いアトピーが再発してしまった。

痒みで目が覚めてしまうので、連続して2時間以上の睡眠が取りにくい。
そして薬が原因だと思うが、直感的にいうと普段の2倍は疲れてしまう。ちょっと仕事をしてもひどい虚脱感に襲われて横にならないといられない。

museの瞑想をやってみる。

このグラフのように、湿疹が全身に広がっていると深い瞑想が保てない(グラフが低いほど瞑想が深い)。3:20前後に深くなれたが、4:10には完全に覚醒してしまっている(グラフが一番上のエリアに入っている)。ちなみに、湿疹がない時には覚醒することはまずないのだ。

日頃の訓練で、すぐにリカバリー(瞑想状態に戻す)ができているのは幸いだが、肉体に翻弄されている様がよくわかる。

瞑想は痒みさえも克服することができる

一方で、4:10前後の深い瞑想では、肉体の痒みが完全に客観視することができて、痒みを感じていても特にそれがストレスにもならない。それ以外の時間帯でも、この瞑想全体で言えば、一度もかゆいところをを触ることはなく、安定した状態を保っていると言える。

つまり、瞑想していない時には無意識に痒いところを触るか掻くかかしているのだが、瞑想状態では、体が勝手に動くことなく、掻こうとする衝動もない。これは、古代インドの聖典に書かれている『心が体をコントロールしている状態』に近く、瞑想の本来の目的、肉体(物質)に支配されない状態を作る、ということに近づいている。

痒みや痛みの中の瞑想こそが素晴らしい修行

そう思って今回の瞑想を省みると、何もない健康な状態よりも、気が狂うほどの痒みの中にいた方が、本来の瞑想の目的に近づけると思う。

むろん、痒みや痛みの中で修行するべき、瞑想するべき、という意味ではない。肉体を心がコントロールできるようにすることが目的であるからこそ、肉体が何らかの主張をしている(例えば痒み痛み、空腹、興奮状態などの)時に瞑想することが『(浄土に)近く』という意味では、重要な状態だと思うのだ。




“Kama Sutra & Tantra” I wonder what title of this book will be.




Now, although it is a book of Tantra and Kama Sutra that I am writing in Japanese and translating into English, I put a lot of CG images of sexual posture.

All posture is made into CG. However, since there are many mistakes in the English version of “Kama Sutra” that I refer to, I translate it back from Sanskrit.
It seems to be finished in a very practical book.

Currently I am worried about what to name the title.

私が日本語で書いて英語に翻訳しているタントラとカーマスートラ の本ですが、私は体位のCG画像をたくさん入れました。すべての体位がCGになります。
しかし、私が参照している英語版の「カーマスートラ」には多くの間違いがあるので、私はそれをサンスクリット語から翻訳ています。非常に実用的な本に仕上がる予定です。
現在、私はタイトルに何を命名するか悩んでいます。




Translation of Tantra’s book is proceeding.




70% of the translation has been completed.

for example

15. “splitting of a bamboo”

The woman places one of her legs on the man’s shoulder, and stretches the other out, and then places the latter on his shoulder, and stretches out the other, and continues to do so alternately.




It is the “prologue” of the book I am writing now.




Currently I am writing a book called “Secret of Tantra”. The Japanese version is complete, so I translate English. I am poor English, so please forgive me for mistakes.

# Introduction #

Does everyone like sex? I love it. It is not an exaggeration to say that I like it abnormally. Not only that I like to have sex, but also like to study. I am fortunate to have that “sex love”, I became AV(Adult Video) director and AV actor, and established up to AV maker.

However, one day suddenly I am tired with making AV.

Or, it is fun to have sex in public, and I think that two men and one woman are good if they are 3P. But I was tired of making AV.

The reason is that women never reach true ecstasy in AV. AV is a play. It is a fantasy for men. It looks like real, but it’s fiction.

I thought. This is not it. The sex I am aiming for is not such a thing. It should be more wonderful. Then, what should we do?

Of course, I am doing a lot of sex. So, by me, it is easy for women to reach ecstasy. Many women who did not know the ecstasy ever gave me the word to thank you for giving me “beautiful ecstasy”.

That’s right. Most women do not know true ecstasy. What does this mean?

It was Tantra that I met at such time. Tantra is the ultimate sex method. And, when I looked at why Tantra was born, in ancient India, sex was a national event, a driving force to stabilize the country, becoming a source of happiness of the common people. Sex was seriously studied as a philosophy to be happy, not mere sex of pleasure, which is summarized in the scripture called Tantra.

Oh, this. What I was looking for!

However, the information of the tantra in japanese was very ambiguous and unknown. No, the information on Tantra seems to be a taboo in many countries, so it seems that neat things are not left in the existing books and information. So I studied Sanskrit language, an ancient Indian language, read many books at the same time as Tantra, and began searching for the secret of Tantra.

Everyday I read books in Sanskrit word every day, because I am out of AV maker. I am happy, but it is a very poverty. My family is a nuisance.

However, I’ve been studying it by betting my life.

This book compiled the information of the tantra that I found out, which I actually checked while trying one by one in sex. And it is also a book that exposes the mystery of “the ultimate ecstasy” that I could taste to everyone.

I can not think Tantra sex is from this material world. However, the tantra is actually an advanced philosophy. Tantra is to unravel its difficult and advanced philosophy with the mystery power of sex.

Let’s introduce the final goal of everyone who reads this book.

If you do tantra sex and understand the meaning of sex, the values ​​of life will change at all. I would like everyone to experience it.

Taro Aoyama

Keio University Law School graduate(1990), writer, script writer, religious researcher. Published many books.
Adult Video director & Actor.




愛のタントラ性技の本を書いています: a book for beginners about Tantra sex




I am writing a book of love’s tantric sex technique for beginners.

I will explain how to fuse Kama Sutra skills with Tantra and get mysterious ecstasy.

Currently I am writing 10000 letters and I plan to publish at Kindle this month.





セックスという瞑想




性交中の瞑想は、多くのことを教えてくれます。
インド哲学の基礎である、自分を見つめるということを実践することで分かるのです。

エクスタシーは2種類

エクスタシーには二種類あることが瞑想で分かります。
一つは肉体のエクスタシーで、肉体的な刺激を受けることによってほぼ自動的に訪れます。これは動物的な反射運動です。発情期の動物が何かに突き動かされるように自分を止められずに行うセックスは、このエクスタシーを標的にしているのです。

もう1つは精神的なエクスタシーで、こちらは、おそらく人間だけに与えられたエクスタシーだと思われます。極端に言えば、体を触れ合うことなしに絶頂を迎えることができるのが精神的なエクスタシーです。これは、誰でも手に入るものではなく、熟練した男女の関係によってのみ生じます。ただ、片方に高い能力があれば、相手が未熟であっても精神的エクスタシーに達することも可能です。

男性のエクスタシー

男性の射精は非常に簡単で、リンガへの刺激が一定量を越えれば自動的に射精が起こります。つまり、男性は半分動物であり、非常に簡単に肉体的エクスタシーが手に入るし、その虜になってしまいます。つまり、多くの男性は、この肉体的エクスタシーだけを求めてセックスをしようとします。その時の男性の脳は、完全に動物・獣です。男性の肉体的エクスタシーは、非常に器が小さく、たった一度の射精で満たされてしまうことが通常です。器が大きい男性でも、数回の射精で情熱は空っぽになります。これが男性の肉体的エクスタシーの特徴なのです。
ところが、精神を鍛えた男性は、リンガなどへの刺激を自分の心で打ち消すことができます。ですから、射精を自在にコントロールすることができます。射精欲求をコントロールすることができるだけの精神力の有無が、男性の性的な能力でもあるのです。
この「肉体からの刺激」を心でコントロールすることができる男性は、精神的エクスタシーを知っているとも言えるでしょう。男性の精神的エクスタシーは、悟りに近いとされています。

女性のエクスタシー

女性の肉体的エクスタシーは、非常に曖昧で不安定です。若い女性の多くがエクスタシーを知らないと言われることもあるくらいです。 女性でもバイブレーターなどを使うと、肉体的なエクスタシーが自動的に訪れます。これも男性の肉体的エクスタシーと同じで「獣の快楽」です。
女性も精神的なコントロールでエクスタシーを先延ばしにすることができます。しかし、男性と違い、先延ばしにする必要性が薄いので、そうした能力を身につける必要はないかもしれません。
むしろ、少ない刺激でエクスタシーに達するという「エクスタシーの引き寄せ能力」の有無が女性の性的能力で非常に重要になります。女性の精神的エクスタシーは深い瞑想状態と双子のようです。全く同じかも知れません(私は男性なので断言できません)。ですから、短い時間でエクスタシーを得るには、短時間に深い瞑想に入るというのと同じです。

精神的エクスタシーを得るには

世の中にはエクスタシーを得る情報は数多く存在します。しかし、それは肉体的エクスタシーの情報です。肉体的エクスタシーは自然界の法則に従うので(この世の物質だから)、気候や季節と同じで常に揺れ動きます。ですから、同じ方法を使ってもエクスタシーを得られたり得られなかったりします。空に浮かぶ雲のように不安定なのです。 だから、これをいった決定的な方法がないのです。本やネットの情報どおりにやっても、そのとおりにならないのです。
精神的な世界は世界は普遍です。ですから、精神的エクスタシーを求めれば、常に安定して最高の状態になります。求める気持ちがあれば、必ず手に入ります。

では、その方法は? 瞑想と同じです。肉体の感覚を見つめる自分を探すことです。肉体的刺激の向こう側になる自分を見つけることです。具体的には、自分の感じる部分にだけ意識を集中し、その感覚を俯瞰する自分を見出せば良いのです。

目を閉じ耳を塞げ

つまり、まずは、目を閉じ耳を塞ぎます。耳を塞ぐのは難しいので、リラックスできる音楽に包まれて性交を行います。目を閉じるだけでは足りないかもしれません。部屋を真っ暗にするのもいいし、むしろ目隠しをするくらいの方が集中が高まります。
視覚と聴覚が失った肉体は、触覚を高めます。その高まった触覚をフル活用するべきです。特に男性の目を塞ぐことは重要です。男性は目を開いている時には獣になっているからです。

ランキングに参加中、クリックよろしくお願いします。
同じ話題のブログ一覧もあります。
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ




全世界からアクセスが増えています。Access is increasing from the whole world.




閲覧いただき、ありがとうございます。
Thank you for your access.

全世界からアクセスが増えています。
Access is increasing from people in the whole world.

特にインドの皆さん、そしてアメリカの皆さん、カナダの皆さん、バングラディッシュやアフリカ大陸のみなさん、他にも多くの国からのアクセスを感謝いたします

Indian access is increasing rapidly in particular.
And United States and Canada, Bangladesh, the African Continent.
Besides I’ll be also thankful for access from many countries.





Tantra told woman’s ecstasies are the liberation (nirvāṇa).




カーマスートラには、いくつかの体位が書かれています。
Several sex positions are written on Kamasutra.

しかし、それは、男女の体の相性や体調に合わせて何を選ぶべきかというレベルです。
But that’s said to be what to choose according to chemistry of the body and physical condition.

それでも、単なるピストン運動になりがちな性交ではなく、角度をつけた挿入方法や締め付け具合の調整方法まで書かれています。
Kamasutra said
“you should not do the sexual intercourse which often becomes monotonous piston movement.
There is a tightening way of a pleasant sensation. There are various angles of insertion. You should do.”

タントラ(Tantra)は、カーマスートラの性の技が、意識を涅槃へ導くと語っている。
Tantra is telling that sexual work of Kamasutra leads consciousness to the liberation(nirvāṇa).

ゴールの分からない性行為には、本当のエクスタシーはありません。
There are no true ecstasies in the sexual intercourse which doesn’t understand the goal.

カーマスートラ にはゴールが書かれていません。
The goal isn’t written on Kamasutra.

タントラにはゴールを知る方法が書かれています。
The way to know the goal is written on Tantra.

女性の中にゴールがあり、男性がそれを見つけ出す。
A goal is in woman, and a man finds that.

男性がゴールを見つけた時、女性はゴールを感じる。
When a man found a goal, a woman feels a goal.

女性がゴールを感じた時にだけ、男性はゴールを理解する。
Only when a woman felt a goal, a man understands a goal.

たくさん動く必要はない。
It doesn’t have to move much.

性器にだけ集中するべきではない。
It shouldn’t concentrate on only a sexual organ.

五感を支配下に収めるために、相手に意識を集めろ。
Mind your partner to rule the five senses.

あなたは五感に騙されていたから、ゴールが見えなかった。
Because it was tricked by the five senses, you didn’t see a goal.

あなたは五感に騙されていたから、性のエクスタシーが分からなかった。
Because it was tricked by the five senses, you didn’t understand a sexual ecstasy.

五感を使ったセックスを卒業せよ
Graduate from the sex using the five senses.

カーマスートラ の技をたった1つだけマスターした後、ゴールを見つける努力だけを行え。
After mastering just only 1 of work of Kamasutra, do only the effort which finds a goal by mind.

1つのカーマスートラ の技でゴールが見つからないからといって、他の技を見つけるのは無駄だ。
Even though the goal isn’t found to one of Kamasutra work, it’s wasteful to find other work.

女性が好む体位だけを続ければいい。
Only the posture a woman likes should be continued.

それは、ほとんど動かない体位だろう。
That will be the posture which hardly moves.

女性は、男性器が大きくなるように膣を使う必要があるだろう。
A lady would have to use a vagina so that a male container may become big.

五感を使うな。
Don’t use the five senses.




古代インドは平和で安定していた。




インドで、カーマスートラ(Kama Sutra)とタントラ(Tantra)が活用されていた時代は、西暦400年〜西暦1200年(もしくは1000年)です。
同じ時代に、ヨーガ(Yoga)も生まれ発展しました。

男女の性に関しても、タブー視することなく、むしろ、人間関係をより良く発展させるために研究され、さらに、男女の性は宗教的な価値を持っていました。

カトリック教会が発展し、インド性文化が崩壊した

インドで、性が解放されていた時代は600年以上続きます。
それが終焉を迎えたのは、ローマ・カトリック教会が誕生した頃になります。西暦1000年頃です。トルコではセルジューク朝(Büyük Selçuklu Devleti)が西暦1200年くらいに成立します。
ローマとトルコは常に対立し戦争を繰り返していました。
その対立が、インドへも広がる形で、タントラ(Tantra)をベースにした仏教は破壊されてしまいました。

カトリック教会とイスラム教が世界へ広がると共に、タントラは邪教と考えられてしまい、隠されてきました。
しかし、タントラが盛んだった時代は600年以上も続いていました。大きな戦いもなく、平和だったと言えるかもしれません。

だからこそ、タントラの哲学、タントラの価値観、タントラの技法を復活させる必要があると思うのです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ