「Meditation」カテゴリーアーカイブ

瞑想の起源

人は、病気や怪我、肉体や記憶の衰え、親のボケに接して初めて、魂と物質の隔たりを感じるのだろう。

ブッダが、(他人の)傷病老死を目の当たりにして、魂と物質の隔たりを若くして見抜いたのは、やはりブッダという偉人が、経験を通さず物事の本質を見抜く人であったと思うしかない。

僕は幼い時からかなりの病弱で、この体の辛さから逃れるのに、心と体を切り離す癖のようなものが身に付き、心(魂)は常に静かでいつも同じで何も望まず、ただ、体を眺めているということを知っていた。

成長するに従って体力が付くと、とたんに肉体的な欲望が強くなり、心と体を分離できなくなった。肉体が心を支配してしまったように思う。

また、歳をとり、また、親のボケを目の当たりにして、心を分離することを試みている。

瞑想している時に、これはかつて子供の頃の心の分離、そのものであると思う。というか、子供の頃には全てがわかっていた。いや、心(魂)は初めから同じ事だけを知っていた。

物質を心から遠ざける事が、その事自体が魂の本質だということだ。

誰でも、それはわかっているが、体力のある若い時の自分がそれを見失うように、誰もが見失っている。

なぜ見失うのか、それは肉体が強いからに他ならない。

この文章でさえ、肉体の延長であって、本質的には魂ではない。魂ではないが、古代の偉人たちの行ったと同じように、僕は書き記すしかない。ただ、無心に書き記すしかない。
書きながら瞑想状態を維持する。
心の中の言葉ではなく、言語にせずに文字にする。

おそらく、僕が何を言っているかが分からないかもしれない。
物書きが絶好調だった頃、そう、もう20年も前だが、僕は心を空にして、仕事の文章が書けていた。心の中で言葉を作る事なく、目と指が勝手に文字を作り出していた。自分では眠ってしまったのに、朝になると素晴らしい文章が出来上がっていた。
この時、僕は子供の頃の心と体を分離していた時と同じだった。

瞑想は、それを教えてくれる。

猫のゴロゴロと瞑想の関係について




muse脳波計を付けて、猫を膝に乗せて、猫がゴロゴロ、それで瞑想してみました。

猫のゴロゴロで瞑想は深くなる

fullsizeoutput_17ed

猫のゴロゴロ声には癒し効果があると言われてるようです。
ということで、我が家の猫が膝の上でゴロゴロリラックスしているので、museで瞑想状態を計測してみました。

グラフで分かるように、ほぼ全体的にcalm状態が安定して続きます。neutralに一瞬入る(物が落ちた)も、すぐに瞑想に戻れました。
瞑想中は猫の頭をさする動作だけに集中できていて、非常にリラックスしています。

言葉で考えないことが重要だ

古代インド哲学には、言葉による志向の混乱というのがあるとされています。言葉は世の中のことをそのまま表すことができず、無理に言葉で考えようとすることが不安定を生じさせるとのことです。
猫との対話も、言葉よりも心のような気がするのは僕だけでしょうか。犬は人の言葉にストレートに反応しますが、猫は言葉以外のコミュニケーションがあるような気がします。

猫との対話は瞑想だ

猫は言葉を話しませんが、何か心が通じるものがります。犬との関係ともちょっと違った猫との対話は、かなり瞑想に近い気がします。犬と人間の対話は、人間同士に近く、猫と人間の対話は瞑想に近い気がします。

もっと瞑想を深くすることで、猫とのもミュニケーションも深くなるような気がします。




瞑想はα波が重要なのではない




muse脳波計のサードパーティーアプリを使うと、自分の脳波がどのように出ているかがわかります。
瞑想中の脳波は、リラックスのα波ではなく、ガンマ(γ)波が重要です。

瞑想中の脳波:こんな記事も

チベットの僧侶の脳波

タイトルや記事内容は、ちょっと煽った感じでフムフム程度に読めばいいのですが、museの脳波グラフを見ると、僕のような普通の人間でも瞑想中にはガンマ派が他の脳波を上回ります。記事では、普通の人はガンマ派がちょっとしか現れないと言っていますが、眉唾だなぁ。

muse脳波計で瞑想状態を示す(鳥が鳴く)状態は、ガンマ波が強く出ている時のようです。

つまり、瞑想とは普段出にくいガンマ波を引き出す方法なのかもしれません。記事は、長時間悩んでいた問題が解けたときにガンマ波が出ると書かれていますが、そうだとすると、瞑想でガンマ波が出ているときには、何かに気づいているときなのかもしれません。




“Kama Sutra & Tantra” I wonder what title of this book will be.




Now, although it is a book of Tantra and Kama Sutra that I am writing in Japanese and translating into English, I put a lot of CG images of sexual posture.

All posture is made into CG. However, since there are many mistakes in the English version of “Kama Sutra” that I refer to, I translate it back from Sanskrit.
It seems to be finished in a very practical book.

Currently I am worried about what to name the title.

私が日本語で書いて英語に翻訳しているタントラとカーマスートラ の本ですが、私は体位のCG画像をたくさん入れました。すべての体位がCGになります。
しかし、私が参照している英語版の「カーマスートラ」には多くの間違いがあるので、私はそれをサンスクリット語から翻訳ています。非常に実用的な本に仕上がる予定です。
現在、私はタイトルに何を命名するか悩んでいます。




It is the “prologue” of the book I am writing now.




Currently I am writing a book called “Secret of Tantra”. The Japanese version is complete, so I translate English. I am poor English, so please forgive me for mistakes.

# Introduction #

Does everyone like sex? I love it. It is not an exaggeration to say that I like it abnormally. Not only that I like to have sex, but also like to study. I am fortunate to have that “sex love”, I became AV(Adult Video) director and AV actor, and established up to AV maker.

However, one day suddenly I am tired with making AV.

Or, it is fun to have sex in public, and I think that two men and one woman are good if they are 3P. But I was tired of making AV.

The reason is that women never reach true ecstasy in AV. AV is a play. It is a fantasy for men. It looks like real, but it’s fiction.

I thought. This is not it. The sex I am aiming for is not such a thing. It should be more wonderful. Then, what should we do?

Of course, I am doing a lot of sex. So, by me, it is easy for women to reach ecstasy. Many women who did not know the ecstasy ever gave me the word to thank you for giving me “beautiful ecstasy”.

That’s right. Most women do not know true ecstasy. What does this mean?

It was Tantra that I met at such time. Tantra is the ultimate sex method. And, when I looked at why Tantra was born, in ancient India, sex was a national event, a driving force to stabilize the country, becoming a source of happiness of the common people. Sex was seriously studied as a philosophy to be happy, not mere sex of pleasure, which is summarized in the scripture called Tantra.

Oh, this. What I was looking for!

However, the information of the tantra in japanese was very ambiguous and unknown. No, the information on Tantra seems to be a taboo in many countries, so it seems that neat things are not left in the existing books and information. So I studied Sanskrit language, an ancient Indian language, read many books at the same time as Tantra, and began searching for the secret of Tantra.

Everyday I read books in Sanskrit word every day, because I am out of AV maker. I am happy, but it is a very poverty. My family is a nuisance.

However, I’ve been studying it by betting my life.

This book compiled the information of the tantra that I found out, which I actually checked while trying one by one in sex. And it is also a book that exposes the mystery of “the ultimate ecstasy” that I could taste to everyone.

I can not think Tantra sex is from this material world. However, the tantra is actually an advanced philosophy. Tantra is to unravel its difficult and advanced philosophy with the mystery power of sex.

Let’s introduce the final goal of everyone who reads this book.

If you do tantra sex and understand the meaning of sex, the values ​​of life will change at all. I would like everyone to experience it.

Taro Aoyama

Keio University Law School graduate(1990), writer, script writer, religious researcher. Published many books.
Adult Video director & Actor.




愛のタントラ性技の本を書いています: a book for beginners about Tantra sex




I am writing a book of love’s tantric sex technique for beginners.

I will explain how to fuse Kama Sutra skills with Tantra and get mysterious ecstasy.

Currently I am writing 10000 letters and I plan to publish at Kindle this month.





内なる声を聞く Hear your inner voice.




これまで私は映画やCMを作って来ました。
I have made movies and commercial films.

これは、自分の外側に答えを見つける作業です。
This is the work which finds  responses outside myself.

しかし、答えは自分自身の中にあります。
But an response is in oneself.

性の答えも、自分の中にあります。
A sexual response is also in oneself.




タイのお坊さまの瞑想指導。Meditation guidance of a Thai Hierarch Buddhist.




タイの高僧の瞑想指導を受けました。
I had Thai hierarch’s meditation guidance.

今日はお釈迦さまの誕生日だったので、特別な瞑想です。
It was a birthday of Buddha, so today is special meditation.

1時間の瞑想と、2時間の説法でした。
They were meditation for 1 hour and a sermon for 2 hours.

1時間の瞑想の間、揺れ動く自分の心と、鎮まって行く自分を観ることができました。
During meditation for 1 hour, I could judge myself that my mind calms down and blinks.

この1時間の瞑想は、5分程度に感じました。
This Meditation for 1 hour was felt at only 5 minutes.

説法の時、高僧は私に「般若心経」を読経するように命じました。
At a sermon, The hierarch ordered me to read aloud “the Heart Sutra”.

それは私にとって35年ぶりの読経でした。
It was sutra in 35years after for me.

説法の後、高僧は般若心経を録音してメールして欲しいと私に言いました。
After sermon, a hierarch asked to me that record the Heart Sutra by my voice and mail him it.

このことは、とても光栄に思いました。
I thought of this thing in an honor very much.

私は声優なので、声を出すことは瞑想と同じだと気付きました。
So I’m a radio actor, I noticed the utterance was same as meditation.

にほんブログ村 哲学・思想ブログへにほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ