性をテーマにギリシャ哲学とインド哲学を分析する本

哲学の本を書き始めました。キリスト教的(カトリック的)な思想が出る前の人間を人間らしく分析しているのがギリシャ哲学とインド哲学です。同じ人間を深掘りしているので、互いにリンクしていることが多いことに気づいたのですが、一般 […]

悪意・悪徳とは何か?

マルキ・ド・サドの『悪徳の栄え』を読み進むとともに、人間の本質は、やはり悪なのかと思えてくる。一方で、インド哲学的な人(物)の三元素である「サットヴァ」「ラジャス」「タマス」で考えると、この世の中はラジャスで多く形成され […]

古代インドは平和で安定していた。

インドで、カーマスートラ(Kama Sutra)とタントラ(Tantra)が活用されていた時代は、西暦400年〜西暦1200年(もしくは1000年)です。 同じ時代に、ヨーガ(Yoga)も生まれ発展しました。 男女の性に […]

瞑想とタントラについて(2)

タントラという言葉をご存じでしょうか。 Wikiによれば、「ヒンドゥー教シャクティ派の聖典(経典)のシバ神妃の性力(sakti)を崇拝する」と書かれています。 困ったなぁ、これを読むと、カルト宗教みたいですね。 タントラ […]