「研究」カテゴリーアーカイブ

性をテーマにギリシャ哲学とインド哲学を分析する本

哲学の本を書き始めました。キリスト教的(カトリック的)な思想が出る前の人間を人間らしく分析しているのがギリシャ哲学とインド哲学です。同じ人間を深掘りしているので、互いにリンクしていることが多いことに気づいたのですが、一般的な哲学書では、多かれ少なかれキリスト教的なフィルターがかかっていて、純粋な人間研究になっていないようです。

そこで、性(セックス)を中心に据えてこの2つの哲学を定量的に分析することをこころみています。

というのは、カトリック的な性に不理解な思想を排除すると、洋の東西に関係なく、性の話題はブレないのです。生活習慣や宗教観に関係なく、人が生まれることへの物の見方はほぼ一定で、言語を介さずとも同じ価値観を共有することができるのではないかと思うのです。

本当の物欲とは何か




インド哲学では、物質と魂の関係が解かれています。
人生において物欲はとてもやっかで、なかなか逃げられませんね。

買い物をするのが物欲なのでしょうか。
世の中では、普通ではできない体験、特別な経験というものが欲しがられます。食事やホテルなど、予約が取れないとか、高価で手を出しにくいとか、ジュエリーであるとか、高級車であるとか。機能とか栄養価でいえば、別に素晴らしいわけではないのに、特別なものとして扱われるものがあります。
多くの人がそれに憧れ、そのために仕事をしたり、騙して儲けたり、さまざまなことが起こります。

憧れるものを手に入れるための努力、世の中ではそれが素晴らしいことだと言われています。
どうでしょうか?




muse脳波計と瞑想のその後




毎日瞑想をするのに、ぼくのような理系人間には、このmuse脳波計は娯楽グッズのようです。
自分の心のコントロールがいかに難しいかということがビジュアル的に、そして音声として把握できます。

61Z+3ZnkRUL._SL1500_

museの動作について

瞑想とは「何も考えない」ということじゃなく、一点に集中することだそうです。
museは、集中していると高得点、考え事をしていると点数が下がります。
つまり、雑念が増えると点数が伸びないのです。
瞑想中には、アプリから環境音が流れます。集中すると小鳥の鳴き声が聞こえてきます。雑念が増えると環境音(風の音など:選択可能)が聞こえます。雑念の量の応じて環境音も大きくなります。

10分以上の瞑想は難しい

さて、どうしたら集中できるか(瞑想できるか)というのは、museを繰り返せばやり方がわかってきます。
しかし、瞑想を持続するのが難しいのです。

瞑想を開始し、呼吸などに集中します。すると小鳥の鳴き声が聞こえてきます。つまり、瞑想が上手くいっているとわかります。
次にそれを安定させるのですが、これがかなり難しいのです。僕は今、この段階です。

自分を瞑想状態にするには、ほぼ数秒でできます。しかし、その瞑想が持続するのが5分間くらいです。このあたりで雑念が生まれます。そのきっかけは音だったり眠気だったります。
そう眠気も雑念です。眠ってしまうと雑念だらけです。つまり夢は雑念です。

雑念の中で、急に我に返って、また瞑想に入ります。しかし2回目の瞑想はなかなか難しくて、短時間で雑念に負けてしまいます。

瞑想の段階についてタイの高僧に指導を受けていますが、心をスタビライズし、コントロールすることが瞑想だとのこと。つまり、上記の段階は瞑想修行そのものだというわけです。

muse脳波計、素晴らしい!




見ることは偏見から始まる。




まず、どこを見ますか?
花ですか?
花弁ですか?
若葉ですか?

しかし、枝も幹も、桜です。
そして地中の根も、桜です。

そして、香りは桜ですか?
食べた時の味は桜ですか?
幹に触れた時、それは桜ですか?
風に揺れる音は桜ですか?

目に見えるもの、そして見てしまうものは、桜の一面でしかありません。
しかも、目は勝手に見る対象を選びます。

意識が目をコントロールしないと、見えないものがあります。
意識が手をコントロールしないと、触れないものがあります。
意識が耳をコントロールしないと、聞こえないものがあります。
意識が舌をコントロールしないと、味わえない風味があります。
意識が鼻をコントロールしないと、嗅げない匂いがあります。

意識を強くしないと、全体はわかりません。
でも、心は桜をすでに確信しています。
確信した心は、どんな桜か見極めようとします。
その時、5つの感覚は、俺は見ていない、聞いていない、触れていない、聞いていない、嗅いでいないとは言ってくれません。

心もまた、勝手に見るものを勝手に選んでいます。
「桜はこんな色」
意識が心をコントロールしないとどうなるでしょうか?

瞑想とは、全てを見るということです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログへにほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ




タントラの考え方でカーマ・スートラを実行すると喜びの涙が止まりません




(広告クリックが僕の原稿料、ご協力よろしくお願いします)

タントラの考え方でヨーガ・スートラを実行するとは?

この世で最も美しく、もっとも心地よく、幸福で、ちょっと怖いけど、ここに居ればもう旅行も贅沢もお金も地位も必要ない、全てが手に入っていると思える場所があります。これを仏教では極楽浄土とか涅槃だとか、キリスト教では神の国などと、いろいろ表現されています。

みなさんはそれを見たことがありますか?

それが見えると、感謝の心に包まれ、喜びの涙が溢れて止まりません。
それは大昔から、多くの人が探し求め、修行を積み、やっと到達できるものだと思われて来ました。ところが、古代インド、つまり西暦400年から1000年過ぎくらいまでのインドでは、誰でもその世界を見ることが出来ていたようです。しかし、西暦1000年頃はローマ・カトリックが成立した時期であり、世界は混乱の中に落ちて行くころ、インドの素晴らしい生活も姿を消すこととなります。

しかし、インドのタントラの知恵は仏教の中に隠され、今日でも生きています。
でも、どうやって見るかという方法は、偏見や誤解の中に埋もれています。

虹の宇宙、真っ白い世界、自分が溶けてゆく

性の正しい認識と技術があれば、素晴らしい世界を見ることができます。その中で生き続けるには仏教やヨガの極致が必要ですが、見て体験することは誰でも可能です。

友人の祈祷師びびこちゃんは、そんな体験が有ると言います。びびこがそこで見た景色と、僕が体験した景色は同じでした。

びびこは祈祷師(占い師)なので、彼(彼女?)の能力を使って、その世界へ入れたのだろうと思います。
一方の僕は、古代インド哲学とカーマスートラの実践の中で、同じものを見ました。

僕もびびこも、虹の波が広がる宇宙が見え、その中に自分が溶け込んでいくイメージです。
また、僕は壮大な銀河が見えることもあります。無限の宇宙が迫って来て、その中に自分が溶け込みます。その中で言葉にできない幸福感と、生命への感謝の気持ち、エネルギー、活力、安らぎなどを得ることができました。

どうやればいいのか? 宇宙と自分の関係を理解する心の準備して、カーマスートラの技術の実践です。

『古代インド哲学』+『カーマスートラの実践』=『タントラ』

ネットにカーマスートラやタントラの情報は沢山あって、それぞれに解釈があり、みんな似たようで違うことを書いています。困りますね。
しかし、歴史をちゃんと調べると分かることがあります。それは、まず、古代インド哲学というのがあり、これには4種類ほどのバリエーションがあります。そのどの流れをくむかで多少の違いがあります。しかし、どれも世界の成り立ち、命とは何か、人生とは何かという考え方です。その古代インド哲学の完成の後にカーマ・スートラが偏差されます。生活の知恵としての「性のマナーと技術」を広大なインド中から集めて編纂したものがカーマ・スートラです。この2つを組み合わせたのがタントラだと思うと理解しやすいはずです。

ところが、ネットなどにあるタントラの情報は常に大切な部分が欠落していて、一体何をして良いのかが分からないのです。例えば「チャクラ」とはタントラの考え方です。もともとセックスの技法を観念的に言葉にしたというべきなのですが、いつの間にか超能力の宿る場所のようなイメージになっています。

どうすれば良いのか。まず、先入観、過去の知識、多くの人が言っていることを忘れて、正しいとか正しくないというどちらかに偏らない心をイメージします。
その中で、インド哲学の基本を学びます。それは簡単です。

  1. 肉体は魂を入れる乗物
  2. 個性の差は、入れ物の違い(男女の差も)
  3. 互いの魂は1つになるのが定め(相手と自分が1つになるのが定め)
  4. 肉体のわがままに惑わされない(好き嫌い、愛して欲しい、認めて欲しいなどは肉体の声)

このくらいを頭に置くことです。でも、愛は魂の問題じゃないの?と思う人が多いでしょう。
その答えは、タントラの実践の中で、後から分かります。

実践無くしては、何も得られないのです。

(広告クリックが僕の原稿料、ご協力よろしくお願いします)
にほんブログ村 哲学・思想ブログへにほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ




性交時の脳波を測ったぞ! 瞑想だ!




muse脳波計をいろいろ使っています。
官能状態(性交中)の脳波も測ってみました。いえいえ、女性の脳波です。

性交中の脳波は完全に瞑想と同じ

素晴らしいですね。
快感の高まりとθ波が一致します。最初はα波の上昇が見られて、性的な上昇に連動してθ派が顕著に上がります。

タントラの中で、女性の恍惚状態が瞑想に一致するという記述があります。今から1500年近く前の記述です。
脳波計のない時代に、瞑想している状態と恍惚状態が同じと分析していたのですからすごいですね。

さらに、研究を進めます。




カーマ・スートラ解説本のネタ本を変更します。




これまでカーマ・スートラの新たな解説本を書くために、バートン版の英語訳の『kama sutra』と、おそらくその日本語訳と思われる大場政史氏の『カーマ・スートラ』をベースにしてきました。
ところが、数多くの誤解や誤訳にぶつかったので、テキストを増やしました。

『完訳 カーマ・スートラ』岩本裕訳・中野美代子解説(平凡社)が優れていた

今更ですが、平凡社の『完訳 カーマ・スートラ』を購入して(再購入かな)、先程、電子化してiPadとiPhoneに入れましたよ。
というか、パラパラ読んだだけでも、かなりの優れた翻訳と解説ですね。
あ〜、僕が解説しなおさなくてもいいかもしれない。と思うくらいによく出来ています。

しかも、この本は、元のサンスクリット語であった詩篇の翻訳も掲載されている。そう、詩篇である事が非常に重要なんです、古代インドの書物は。

バートン版が、とにかく誤解や誤訳が増えてしまう大きな理由は、英語にあります。英語には女性名詞男性名詞の区別がないので、日本語と同様に主語を間違えやすい。というのは、サンスクリット語というのが、日本語の構造にちょっと似ていて、主語が不確定なんです。そこで、女性男性名詞を見分けて、主語を推測します。日本語が敬語を利用するのに似ています。

でも、バートンはたぶん、その能力が足りていなかったんだなぁ。

僕の翻訳と岩本翻訳は99%一致


さて、ここ一週間ほどカーマ・スートラの翻訳に没頭してきましたが、前述のようにバートン版(英語)がベースで、かなり苦労しました。なので「意訳する」という体裁で書き進めてきました。

岩本版と僕の意訳を比べてみるとどうでしょうか。
うんうん、ほとんど一致。よかった!
ただ、岩本版の日本語名称(半球の体位など)は、かなり素晴らしいなぁ。ただし、元のサンスクリット語の固有名詞をカタカナにしている部分などは、日本語で読むと呪文的になってしまっていて、分かりにくい部分もあります。翻訳本なので、これは仕方ないですね。

いずれにせよ、非常に完成度が高い翻訳本です。元はフランス語版のカーマ・スートラだそうです。

僕は、カーマ・スートラを翻訳本ではなく、実用本として使えるように編纂し直します。
また、後続の「タントラ」や「理趣経」「秘密集会タントラ」とも比較しながら、カーマ・スートラから発展した哲学や思想・宗教で新たに発見されたであろうことも織り込みたいと思っています。

にほんブログ村 哲学・思想ブログへにほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ




カーマスートラ研究3『男性の技』




カーマスートラというと、64種類の体位ばかりが有名です。
でも、前に書いたように64種類も体位はありません。女性が身につけるべき(性的な)教養が64種類あるというだけです。
でも、本書で紹介されている対位は、AV監督や男優からも合理的で優れていると称されます。
逆に日本の『四十八手』は、ご存知のように浮世絵の創始者とも言われる菱川師宣の考案とされた、絵画の中のポーズ集です。つまり、四十八手はビジュアル的、絵画的、文学的(呼称が面白い)のであって、実際にやってみても、どちらかというとコメディーというか、馬鹿馬鹿しいことは否めません。

カーマスートラの体位は、快楽追求の科学的なポーズ

pexels-photo-256737.jpegカーマスートラで紹介されている体位は、非常に体系化されていて、男女の体格差(性器サイズ)からどれが適していて、さらには体格差を補うための補正方法など、かなり科学的かつ体系的に書かれています。しかも、国土の広いインド各地の風習などにも言及されていて、民族的な違いによる体位の活用方法についても研究されています。

日本のHOW TO SEXの呪縛か、日本人気質か?

先日も週刊ポストからコメントを求められたのですが、その企画内容は、大昔のベストセラー『HOW TO SEX』の世界から抜けていません。つまり、「こういう時は、こうしろ」「Gスポットはここで、こう攻めろ」というような、非常に紋切り型です。
カーマスートラでは、最低でも9種類の男女の組み合わせがあり、それぞれで最適なHOW TOが違うと書かれています。
経験からも、これは非常に正しい分類で考察だと思います。

でも、日本のHOW TOはバリエーションが少なく、せいぜい、上付き、下付き、くらいです。
そして、その男性考案のHOW TOがダメなら女医に聞く、AV女優に聞くとなってしまいます。
なんで女医がSEXの正しいHOW TOが語れるのか、実は意味不明なんですよね。というか、女医さんたち(数名しかいない)のご意見は、男性の認識が間違っている、という点では正しくとも、では何をするべきかという点に関しては情報不足が否めず、結局、自分の経験くらいで語っているに過ぎません。
さらにAV女優さんたちは、演技で食べています。相手にする男優は少数です(毎回同じ人をSEXする)。つまり、出演経験が豊富でもSEXの回数が多くても、毎回同じやり方なので、知識豊富にはなりようがないのです。

だから、女性たちが発信してくれているHOW TOも、その人の好みを言っているに過ぎず、日本人の紋切り型から抜け出していないのです。
本当は、様々な組み合わせ(体型の差だけでなく、年齢差、経験の差、民族の差、身分の違いなどから、体系的(科学的)に検討しないと、答えは出ないということになります。

カーマスートラで読むべきは体位解説ではなく、挿入技法

pexels-photo.jpgカーマスートラでとかく読み飛ばされているのが、体位解説の後ろの章です。
よく読まれているのは、体位と前戯の話です。しかし、重要なのは挿入技法です。
『男のなすべき行為』として書かれているので、若い時の私は挿入技法だと解りませんでした。

  1. 嵌入”Moving forward”
    互いの性器が、正しい位置に直線的に動く場合。大場版では「嵌入」と書かれているが、『性器の直線動作』と訳するべきだろう。
  2. 摩擦または攪拌”churning”
    リンガ(男性器)を手で持ってヨニ(女性器)の中でかき回す。
  3. 貫通”piercing”
    大場版では「ヨニを下げて、その上端にリンガを嵌入するのを<貫通>という」と訳されている。しかし、よくわからないのではないだろうか。えいごを直訳すると、「When the yoni is lowered, and the upper part of it is struck with the lingam, it is called “piercing.”(ヨニを低い位置にして、リンガでヨニの上部を突き刺すのを、ピアスと呼ぶ)」と書かれている。難しいのは「When the yoni is lowered」がどういう状況かということだ。
    ヨニが低くある、というのは、女性が下にいる単なる正常位のことと考えることもできる。はたまた、ヨニの向きを下向きにする、と解することもできなくもない。正確を期すためにヨニを解説すると、リンガと共に出てくる時にはVulva(vagina:膣)を指す。そうなると、upper part of it(yoni) というのは膣の上壁(part:部分)と訳すのが正しいことになる。このように分析すれば、「When the yoni is lowered」は正常位となる。そのため、全体としては
    『正常位で、膣の上壁(Gスポット)をリンガで突き刺すのが、ピアシング』とする説を提唱する。
  4. 摩擦”rubbing”
    同じように、ヨニの下側に行えば「摩擦」よ呼ぶ。これも上記の翻訳に従えば、正常位で膣の下壁へ突き刺す動作が「摩擦」となる。
    rubbingを摩擦と訳するのが適しているかどうかは、検討は必要だ。
  5. 圧迫”pressing”
    リンガでヨニを長時間圧迫するのが「圧迫」。これも難解である。挿入したまま男性が骨盤で女性器全体(外陰部)を圧迫するという読み方もできなくはない。しかし、ヨニを膣と解する原則に従うと、リンガでヨニ内壁に圧迫を続けると解するべきとなる。これを現代風に訳せばポルチオ刺激であったり、浅い位置であればGスポット圧迫になる。つまり、論理的な考察を加えれば、ヨニ内壁への圧迫とするべきだろう。
  6. 一撃”giving a blow”
    リンガをヨニから(抜き)ちょっと離してから、力強く突き刺すのが「一撃」。
  7. 猪の一撃”blow of a boar”
    ヨニの一箇所だけをリンガで擦るのを「猪の一撃」。
  8. 牡牛の一撃”blow of a bull”
    ヨニの両側をリンガで擦るのが「牡牛の一撃」。
    6および、7と8は共に「一撃(blow)」のバリエーションなのだが、6の動作は「strikes(突き刺す)」で、7と8は「rubbed」で種類が違う。それでも題名では「blow」を採用している。つまり、6〜8は一連の動作とするべきだろう。突き刺し擦る(一箇所)、突き刺し擦る(左右:牛の角が左右にあるから)という動作を想起するのがベターだろう。
  9. 雀の戯れ”sporting of a sparrow”
    リンガをヨニに挿入したまま、抜かずに、上下に行ったり来たり(規則的に)動かす。これを「雀の戯れ」。これは性交の最後に行う。
    これも解釈が必要だ。まず、挿入したままで上下にリンガを規則的に動かす動作を想像していただきた。男性の恥骨でクリトリス辺りを前後に擦るような腰使いとなる。さらに、「性交の最後」という意味は女性の絶頂と解するべきで、女性にエクスタシーを与える具体的な方法論として、この9番が書かれていると解するべきだろう。

以上が、男性のテクニックとしてカーマスートラに書かれている技法だ。
これは、前回解説した体位と組み合わせて行う。次回は、女性の技についての記述の翻訳と解説をしたい。
にほんブログ村 哲学・思想ブログへにほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ




神秘主義とエクスタシー(脱我) mysticism & ecstacy




(広告クリックが僕の原稿料。ご協力をお願いします)

突然ですが、瞑想やヨガの究極の目標がエクスタシーだということをご存知でしょうか?
どうも、そうらしいので、調べてみました。

wikiによりますと、

『エクスタシー(英: ecstasy)とは、
快感が最高潮に達して無我夢中の状態になること。忘我。
宗教的体験における神秘的な心境。予言、幻想、仮死状態などをともなうことも多い。
脱魂とも。
語源はギリシャ語のέκστασις(ekstasis、エクスタシス、外に立つこと)で、魂がみずからの肉体の外に出て宙をさまよう、といった意味が込められている』

瞑想でエクスタシー!

つまり、瞑想やヨガ(身体動作)の目標は、エクスタシーに達することとなります。
もちろん、ヨガで美しくなる、健康になるという目標を持つことも素晴らしいことですよね。なぜなら、美や健康がエクスタシーを増進する(早く近づく)からですね。

瞑想の役割は何でしょうか?
古代インドの経典『バガヴァッド・ギーター 』の中で創造神クリシュナ(千手観音を想像してください)は、
『瞑想が、一番早く近づくことができる』
と断言しています。
つまり、瞑想でエクスタシーに達するのが一番いいと言っています。
なるほど。

ヨガ(身体動作)はダメなの?

では、ヨガ(身体動作)については何と言っているでしょうか。
実は、非常に酷いこと、辛辣なことを言っています。
『健康体操、美容体操はヨーガ(エクスタシーに達する道)ではない』
ありゃぁぁ、そこまで言わなくてもいいのに。

では、『ヨーガ・スートラ』(ヨーガに関する最古の教典)はどうでしょうか?
『健康体操、美容体操はヨーガ(エクスタシーに達する道)ではない』
ありゃぁぁぁ、同じ事を言っています。

でも、ギーター の中でクリシュナは、後ろの方で、こう言っています。
『無駄ではない。健康体操・美容体操も、いつかは(エクスタシーに)達する』
ああ、良かったですね。

目的はエクスタシーである

クリシュナは、どういう意味で『健康体操、美容体操はヨーガ(エクスタシーに達する道)ではない』と言ったのでしょうか?

瞑想やヨーガの目標は「悟ること」です。つまり、それはエクスタシーの向こう側の世界です。
では、ヨガ(体操)で健康になること、美しくなる事のどこに問題があるのでしょうか?

『美しくなる健康になるための行為は、肉体に対する投資だ。肉体は常に変化し滅びへ向かう。それが心の不安定さを生み出す。するとエクスタシーは遠退く』

ただし、健康体操や美容体操を否定しているわけではありません。健康になりたい、美しくなりたいということのためには、身体動作のヨガ(健康体操や美容体操)は素晴らしいと書かれています。
しかし、こうも書かれています。
『「健康体操・美容体操をすれば、心も浄化される、瞑想ができる」と言う人は偽物だ。そう言う人に限って、組織を作り金儲け(必要以上のお金を稼ぐ)をしようとする。彼の目標はお金であって、他人の幸せ(エクスタシー)ではない。そういう人間に従うのは間違っている』
そんな事を言われても困りますよね。

良き指導者を見極めよ

『悟るため(エクスタシーのため)のヨガ(体操)を実践するのは、瞑想と同じように素晴らしい価値がある。それが本当のヨーガである。ヨーガの結果として健康になる、美しくなるのは褒美であり、副産物である。だが、褒美を目標にしてはいけない』

なるほど、ヨガ(体操)が悪いのではなく、実践する心構えが重要だという事ですね。
でも、実際にはどうしたらいいのでしょうか?

『(エクスタシーを知る)ヨーガを教える者は、相手と自分の区別がない(忘我)。教えた事に対する対価すら欲しがらない。なぜなら、自分と他人が同じになる事がエクスタシーだからだ。だから、貴方は、指導者と貴方が生活に困らないための最小限の布施をすればよい。その関係が、エクスタシーへの最短の道である』

ヨーガの実践には指導者が欠かせないとギーター でもヨーガ・スートラでも語られています。その指導者の見極めは、上記のような態度にあると言えますよね。

逆の言い方をすれば、ヨガ(体操)の指導者こそが、エクスタシーを求める純粋な心が必要だという事であります。

結局、エクスタシーって何?

さて、何度もエクスタシーという言葉が出てきました。でも、一体、どんな事なのでしょうか? もちろん、それを知る事は悟りを開くという事であります。
しかし、古代の書物では、このように表現されています。

『スポーツや戦争で仲間と一体感を得た時、音楽で大勢が1つの心になった時、同じ美しい景色や絵を見た時に皆が同じように感動している時、(タントラでは)男女が合一して1つに溶け合うことを感じている時、それが(一瞬の)エクスタシーである。このエクスタシーを永遠に続けるための行為がヨーガである』

なるほど、考えてみるに、一瞬のエクスタシーを知らなければ、永遠のエクスタシーはわからないということだと思います。だから、ヨガ(体操)でも瞑想でも、一瞬のエクスタシーを大切にして、それを持続するための訓練が必要だという事なんですね。

広告クリックが僕の原稿料。お恵み頂ければ幸いです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログへにほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ




タントラとカーマスートラ(欲望の経典)Kāmasūtra(体位説明)




(広告クリックが、僕の原稿料。ご協力お願いします)
(今回も長文です!)

古代インドには、様々な哲学や宗教宗派がありました。
全てに共通しているのは生命をテーマにしているということです。
西洋が神と人間の関係をテーマに、様々な宗教や芸術が発展したのに対して、インドでは生命と宇宙の関係を考えてきたということです。

タントラ(तन्त्रTantra)とカーマスートラ(कामसूत्र Kāmasūtra)の関係

タントラもカーマスートラも、性を中心に書かれた書物です。
タントラは「性の宗教学」であり、カーマスートラは「性の作法学」ということができます。書物としての成立はカーマ・スートラが先(西暦400年代)で、タントラ経典の方が後(西暦700年頃)です。

実は、カーマスートラという教典は、インドでももっとも古い書物になります。もちろん、思想としては古代インド哲学(始まりは紀元前1500年〜1000年くらい)があり、その哲学・宗教観を書き記したとされるマハーバーラタमहाभारतम् Mahābhārata)は、紀元前500年くらいに書き始められて西暦400年に完成したとされています。ブッダの入滅が紀元前500〜400年くらいなので、入滅頃にマハーバーラタが書き始められて、完成する頃(西暦400年くらい)にカーマスートラも完成したということになります。

一方、紀元前500年くらいから仏教文化が花盛りになると同時に、国教としての地位を奪われたバラモン教がヒンドゥー教(大衆化したバラモン教)に変化し始めます。西暦400年くらいに、いまのヒンドゥー教の形になります。

お、また西暦400年が出てきましね。

その後、地位を脅かされる仏教がヒンドゥー教の教義(菩薩や観音などの神様)を取り入れて密教になります。これが西暦600年くらいです。それでも仏教の地位は低下の一途なので、西暦700年セックス仏教が始まります。セックス(タントラ)仏教が栄えます。

結局、そういった(西洋文化から見てふしだらな)タントラ仏教は、西暦1193年にトルコ(イスラム)の侵攻を受けて寺院や仏教大学が破壊され、ついにはインド仏教は壊滅してしまいます。インド(のタントラ)仏教はチベットへ逃げてチベット仏教になります。

タントラTantraの中のカーマスートラKāmasūtra

さて、タントラの成立時(西暦700年頃)には、すでに古典としてカーマスートラが存在しています。カーマスートラはさらに発展を続けてカーマシュートラという一連の文献になっています。
実は、タントラの中にカーマスートラの記述は、僕は見つけられていません。でも、当然のことながら、タントラはカーマスートラの影響を受けているでしょう。

タントラ思想に関しては、このブログでも何度も出てきて、『タントラに関する情報』にまとめてありますよ。
さて、具体的なタントラでは、女性のエクスタシーの極致こそが涅槃であり、男性は射精せずに女性のエクスタシーを介して涅槃へ達せよとなります。
では、タントラではどうやって「女性のエクスタシーの極致」を得ればいいと考えたのでしょうか。その手がかりは、当然のことながらカーマスートラにあると考えるのが自然ですよね。
つまり、タントラの使われる性技は、カーマスートラを参考に練り上げられているはずです。逆に言えば、タントラの研究者(考案者)は、当然、古典であるカーマスートラの技を試しているはずです。

カーマスートラ(Kāmasūtra)の中身とは

さて、そのカーマスートラの中身はどんなものでしょうか? 僕がカーマスートラを初めて読んだのは今から30年ほど前の20代前半だったと思います。もっと前かな? 最初に読んだ感想は、面白くない本だなぁ、エッチな記述が少ないなぁ、というものでした。

内容は非常に論理的です。地理学的な側面も強く、インド各地の性文化の研究書にもなっています。文中には様々な学説も書き並べられていて、比較文化の書物としても非常に優秀です。50歳を超えてから読むと、これほど機知に富み、深い本は他にないかもしれないと思えます。性技に関しても、各々たった2行程度の中にすごいことが書かれています。

さて、その性技をいくつか紹介します。

例えば、セックスの相性は9種類が挙げられています。性器のサイズを男女共3段階に分け、その組み合わせを研究しているのです。
カーマスートラの体位は64通りと言われますが、実は本文中には、僕が数えた限り次のようになります。

カーマスートラの体位

カーマスートラに記載されている体位を『カーマ・スートラ』(訳:大場政史)の日本語表記と、英語版『Kama Sutra』(リチャード・バートン)の記載を併記しました。
なお、特に記載のない場合は、基本は男性が上か横の体位です。

  1. 広開位”widely opened position”(女性が足を広く開く)
  2. 高開位1”yawning position”(女性が足を広げて高く上げる)
  3. インドラ女位(女性が体育座りで横向きに寝る)
    大場訳は上記だが誤訳だと思われる。
    英語では、「両腿に両膝を折り畳んで重ねて(体育座り)、その折った脚を自分の脇へ置く」つまり、カエルのような格好、もしくはM字開脚。
  4. 閉塞位”clasping position”(仰臥)(男女ともに足を伸ばす)
  5. 閉塞位”clasping position”(横臥)(閉塞位で横向き)
  6. 閉塞位で圧迫位”pressing position”(閉塞位で、女性が腿で締め付ける)
  7. 閉塞位で交叉位”twining position”(閉塞位で、女性が片脚を男性に絡める)
    これも誤訳と思われる。英語では「女性の両腿を男性の片腿にtwiningする。つまり巻きつける」とある。twiningは「巻きつく、絡める」の意なので、「巻き付き位」の方が良いと考える。
  8. 牝馬位”mare’s position”(閉塞位で、女性が膣で締め付ける)
  9. 上昇位”rising position”(女性が両脚を直立)
  10. 高開位2”yawning position”(女性が脚を男性の肩にのせる)
  11. 圧迫位”pressing position”(女性が脚を折り曲げて男性の胸に押し付ける)
  12. 半圧迫位”half pressing position”(上記で片脚のみまっすぐに伸ばす)
  13. 竹割り位”splitting of a bamboo”(女性が片脚だけ男性の肩に乗せ反対の脚はまっすぐ。それを左右交互に繰り返す)
  14. 釘打ち位 “fixing of a nail”(女性が片脚だけ男性の頭の上に置き、片脚はまっすぐに伸ばす)
    これも誤訳かもしれない。「女性が片脚だけ自分の頭(the head)の上に置き、片脚はまっすぐに伸ばす」だから、続く説明に、「これには練習が必要だ」とあるのだろう。つまり、新体操のように女性が片足をまっすぐ片脚を伸ばして自分の頭に付ける体位だ。
  15. 蟹位”crab’s position”(女性が両脚を折り曲げて自分の腹部に密着させる)
  16. 密閉位(女性が両腿を交差させる)
  17. 蓮型位”lotus-like position”(女性が左右の脛を交叉させ、あぐらのようにする。
    ”lotus-like position”は「あぐらのような体位」)
  18. 回転位”turning position”(日本語訳は破綻。英語から訳すと、「挿入したまま男性は振り向くように反対を向き(上半身のみ)女性を喜ばせ続ける。その時、女性は男性を背中から常に抱き付く」ヨガのポーズのようだろう。
  19. その他、名称だけで「横臥位”lying down”」「座位”sitting”」「立位”standing”」
  20. 日本語訳なし”supported congress”(互いの体を支えにしたり、壁や柱を使ったりして立ったまま性交する。「支え性交」)
  21. 浮上位”suspended congress”(男性が壁に寄りかかり、両腕を組み合わせて女性を乗せる。女性は男性の首に抱きつき腿を開いて男性の腰を押し付ける。女性は足裏を壁に付けて踏ん張り(腰を)動かす)
  22. 牡牛位”congress of a cow”(これも誤訳。cowは雌牛。男性が牡牛のように四つん這いの女性に後ろから覆い被さり性交する)
  23. 上記につき、犬、ヤギ、鹿、ロバ、猫、虎、象、イノシシ、馬などを真似ても良い。
  24. 複合交”united congress”(2人の女性とのセックス)
  25. 牡牛群交”congress of a herd of caws”(これも誤訳で雌牛群交。複数の女性と交わる。乱交)
  26. 下等性交”lower congress”(アナルの性交)

以上が、カーマスートラに出てくる体位です。ただ、お分かりのように、23番以降は体位ではなくバリエーションです。
つまり、俗に64種類の体位と書かれていますが、64がインドの縁起がいい数字なので、そう書かれているだけか、誰かが誤訳したのだと思います。
カーマスートラで女性が男性を喜ばせる技として64種の芸技があるとされ、これは音楽や作詞やマッサージなど64種が挙げられています。
つまり、カーマスートラの性技(体位)としては、上記22種程度だと思います。

カーマスートラの女性が上のポーズ

ただ、これだと女性が上になるポーズがありません。この点についてカーマスートラは、女性が男性のように振る舞う、女性が男性のポジションにつく、とあります。本文に記載はありませんが、理屈上で上記の体位で女性が上になってもできるのは、
1(両脚を広げて男性の上に座る。普通の騎乗位。女性が膝を床に着く)
3(カエルのような格好で男性の上に座る=体育座り)
4(女性が上で、男女共両脚を伸ばす)
6(4の状態で女性が腿を締める)
7(4の状態で女性が男性の片脚を両脚で絡める)
8(4の状態で膣を締める)
9(女性が脚を前方へ投げ出して男性の上に座る)
10(女性が両脚を男性の肩に乗せた姿勢で座る)
11(女性が正座で男性の上? できるかなぁ?)
12〜14は、前後180度開脚っぽいですね。できるかなぁ。
15は騎乗位で女性が男性に胸を合わせる。抱きつく感じかな。
16も、できなくもないかな。動きにくいけど。
17男性の上であぐら。動きにくそう。
21は、女性を壁に押し付けて挿入かな。

いずれにせよ、全部足しても64種にはならないですね。

タントラの体位は?

さて、タントラに使われる体位はどれでしょうか? タントラの思想では、どれか1つに決めない、ということです。どれでもいい。ただ、長時間の性交ですから、自ずと体が楽な体位しか選べないですよね。
実は、カーマスートラには、体位だけでなく、挿入の技が詳しく書かれています。これは、非常に機知に富んでいます。角度、どこを擦るか、などなど。こちらの方がタントラに適していると思います。
この点は、次回に。

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ