「タントラ」カテゴリーアーカイブ

マルキ・ド・サド『悪徳の栄え』とタントラ

マルキ・ド・サドの『悪徳の栄え』は、殺人・拷問・セックス・乱行・糞尿・幼児セックス・キリスト教会の大否定など、とにかく快楽を追求し続けるジュリエットという娘の物語だ。
彼女の行いや出会う人間たちの行動や哲学は、どうも『秘密集会タントラ』に酷似する部分が非常に多い。

セックス仏教の思想はフランスに届いていたのか?

『秘密集会タントラ』は、かつての古代インドのセックス仏教の繁栄の後、イスラムの侵攻でチベットへ逃亡したセックス仏教の中で出来上がった、セックスこそが涅槃に至る道、幸福への最短距離、しかも、乱行、近親相姦、不倫、糞尿を用いるセックスなどを大々的に推奨しており、それを菩薩などのいわゆる神様たちが行なっているという内容だ。

マルキ・ド・サドがセックす仏教という意味でのタントラを知っていたかは不明だが、内容の酷似性は注目に値する。
タントラ思想が確立したのは西暦1000年程度で、(セックス教として弾圧されて)チベットへ仏教が逃亡したのがそのすぐ後である。
サドの時代は1780年前後に「肛門セックス」で有罪になってバスチーユに投獄、その後精神病院に入れられているときに様々な文学を書いている。
時代的にはタントラ思想に触れることは可能だが、キリスト教のもとでは、書物として『秘密集会タントラ』などが手に入ったかどうかはわからない。

人間の本質を深く思考するとセックスだけになる

せっくす仏教と佐渡が隔絶されていたとしても、同じ思想にたどり着いている点は注目に値する。人間の本質を分析すると、ここにたどり着くと考えてもいいのかもしれない。
人を拷問しながら、殺しながらのセックスほど素晴らしいものはない、というのが悪徳の栄えの中心テーマになっているのだが、それを実現するにあたって『権力』とは何か、『法律・ルール』とは何かを常に読者に投げかけてくる。そして、一般庶民とはどういう人間なのかを痛烈に批判・貶めている。さらに、権力者の腐敗がなぜ起こるのか、それも見事に書き込まれている。

殺人・犯罪は別にして、セックスの本質が見えてくる

人間はどうあるべきか、というテーマに対するアンチテーゼが『悪徳の栄え』とも読める一方で、自然の一部である人間の存在を前面に押し出しているのがこの本なのだが、西洋文化、特にキリスト教の『人間こそが自然の支配者』という考え方を完全に否定し、自然の一部である人間は、どう生きるべきかということを読者にどんどん投げてくる。
そして、幸せはセックス以外にはありえない、という結論をどんどん強固なものにしてくれている。
タントラを学びつつ、この『悪徳の栄え』を細かく読むと、いろいろなものが見えてくる気がしている。

 

瞑想の起源

人は、病気や怪我、肉体や記憶の衰え、親のボケに接して初めて、魂と物質の隔たりを感じるのだろう。

ブッダが、(他人の)傷病老死を目の当たりにして、魂と物質の隔たりを若くして見抜いたのは、やはりブッダという偉人が、経験を通さず物事の本質を見抜く人であったと思うしかない。

僕は幼い時からかなりの病弱で、この体の辛さから逃れるのに、心と体を切り離す癖のようなものが身に付き、心(魂)は常に静かでいつも同じで何も望まず、ただ、体を眺めているということを知っていた。

成長するに従って体力が付くと、とたんに肉体的な欲望が強くなり、心と体を分離できなくなった。肉体が心を支配してしまったように思う。

また、歳をとり、また、親のボケを目の当たりにして、心を分離することを試みている。

瞑想している時に、これはかつて子供の頃の心の分離、そのものであると思う。というか、子供の頃には全てがわかっていた。いや、心(魂)は初めから同じ事だけを知っていた。

物質を心から遠ざける事が、その事自体が魂の本質だということだ。

誰でも、それはわかっているが、体力のある若い時の自分がそれを見失うように、誰もが見失っている。

なぜ見失うのか、それは肉体が強いからに他ならない。

この文章でさえ、肉体の延長であって、本質的には魂ではない。魂ではないが、古代の偉人たちの行ったと同じように、僕は書き記すしかない。ただ、無心に書き記すしかない。
書きながら瞑想状態を維持する。
心の中の言葉ではなく、言語にせずに文字にする。

おそらく、僕が何を言っているかが分からないかもしれない。
物書きが絶好調だった頃、そう、もう20年も前だが、僕は心を空にして、仕事の文章が書けていた。心の中で言葉を作る事なく、目と指が勝手に文字を作り出していた。自分では眠ってしまったのに、朝になると素晴らしい文章が出来上がっていた。
この時、僕は子供の頃の心と体を分離していた時と同じだった。

瞑想は、それを教えてくれる。

museの瞑想でアトピーを克服




年末から2ヶ月以上、湿疹で悩んでいるんだ。
蕁麻疹として発症して、子供の頃の酷いアトピーが再発してしまった。

痒みで目が覚めてしまうので、連続して2時間以上の睡眠が取りにくい。
そして薬が原因だと思うが、直感的にいうと普段の2倍は疲れてしまう。ちょっと仕事をしてもひどい虚脱感に襲われて横にならないといられない。

museの瞑想をやってみる。

このグラフのように、湿疹が全身に広がっていると深い瞑想が保てない(グラフが低いほど瞑想が深い)。3:20前後に深くなれたが、4:10には完全に覚醒してしまっている(グラフが一番上のエリアに入っている)。ちなみに、湿疹がない時には覚醒することはまずないのだ。

日頃の訓練で、すぐにリカバリー(瞑想状態に戻す)ができているのは幸いだが、肉体に翻弄されている様がよくわかる。

瞑想は痒みさえも克服することができる

一方で、4:10前後の深い瞑想では、肉体の痒みが完全に客観視することができて、痒みを感じていても特にそれがストレスにもならない。それ以外の時間帯でも、この瞑想全体で言えば、一度もかゆいところをを触ることはなく、安定した状態を保っていると言える。

つまり、瞑想していない時には無意識に痒いところを触るか掻くかかしているのだが、瞑想状態では、体が勝手に動くことなく、掻こうとする衝動もない。これは、古代インドの聖典に書かれている『心が体をコントロールしている状態』に近く、瞑想の本来の目的、肉体(物質)に支配されない状態を作る、ということに近づいている。

痒みや痛みの中の瞑想こそが素晴らしい修行

そう思って今回の瞑想を省みると、何もない健康な状態よりも、気が狂うほどの痒みの中にいた方が、本来の瞑想の目的に近づけると思う。

むろん、痒みや痛みの中で修行するべき、瞑想するべき、という意味ではない。肉体を心がコントロールできるようにすることが目的であるからこそ、肉体が何らかの主張をしている(例えば痒み痛み、空腹、興奮状態などの)時に瞑想することが『(浄土に)近く』という意味では、重要な状態だと思うのだ。




museのコツと瞑想の目的




muse脳波計は非常に優れていますね。
よくできているし、研究されています。
達人の瞑想状態の脳波を記録して、そのパターンを抽出。
我々ユーザーがその状態に近づくかどうかを音声でフィードバックしてくれますし、最終的にはその状態をグラフ化してくれるわけです。

museのコツ

museで高得点を上げるのはどうしたらいいでしょうか。言い換えると、深い瞑想に達するにはどうしたらいいでしょうか?

まずmuseを使ってわかることは、瞑想中に考え事をすると得点が下がります。当たり前ですね。でも、実は「考え事」には2種類あることがわかってきますよ、やっているうちにね。
次に、瞑想中に眠ってしまうと、考え事以上に悪い得点になります。つまり、睡眠は瞑想じゃないのです。睡眠状態では、実は非常に脳が活発に活動している(activeになる)という波形が出ます。つまり、すごい勢いで考え事をしているということになります。

museで高得点を上げるには、つまり、深い瞑想に達するにはどうしたらいいでしょうか?
一般的には『無心になる』と言われていますが、ちょっと違います。これは古代インド哲学でも書かれています。心を空にすることはできない、ということです。
さて、難しいですね。

ヒントは、『夢を見ているときに、それが夢だと気づく自分がいる』というインド哲学の言葉です。言い換えましょう。瞑想をしているときに、瞑想している自分を見つめる目、瞑想していることを確認している自分を意識することです。
つまり、考え事をしている自分を発見するもう一人の自分を置くことで、一気に瞑想が深くなります。
museでは、脳の状態を『active(考え中・活発に考えている)』『natural(心が安らかな状態・落ち着いた状態)』『calm(瞑想している)』と分けていて、activeやnaturalからcalmへ移行する技を身につけるように指導されます。特に、一度activeやnaturalへ行ってしまった心をcalmへ自分で引き戻せるようになることが重要だとしています。

心をcalmへ連れて行くには、実は、先ほどの『もう一人の自分』を見つけることにあります。
もう一人の自分(考え事をしてしまったことに気づく自分)が引き出せると、一気にcalmへ移行できます。

瞑想の目的は何か?

さて、瞑想は様々な効果を及ぼすとされています。
仏教では邪念(煩悩)を排除するとされたり、健康になるという人もいたり、はたまた、ビジネスが大成功するとまでいう人がいます。

本当のところはどうでしょうか?

インド哲学の思想で言えば、瞑想で健康になったりお金持ちになったりしません。インド哲学の中の『ヨーガ・スートラ』や『ウパニシャッド』には、そういったことで人を勧誘する者は偽物だ、と書かれています。
瞑想の目的も明確に書かれています。瞑想は、いわゆる神(創造主・涅槃・極楽浄土・楽園など)に近づくための方法で、それはサットヴァに属することだとされています。サットヴァとは、神(善や正義)を恋い焦がれる心、探求する心です。
対してラジャスというものがあります。ラジャスとは、この世の物質的な利益を恋い焦がれる心です。ラジャスを目的に行う瞑想は、心が穏やかになるのではなく、欲につながります。欲は常に人を悩ませ、衝動へ走らせます。優秀な経営者がせっかちなのはラジャスの心が強いからです。
もう1つ、タマスという心があります。これは他に流される心です。タマスの心は何もしようとしない心なので、瞑想しても自分では瞑想に至ることができません。

さて、瞑想を本当に行いたいと思うかどうか、自分の心に問う必要が出てきました。
この世の名声や富を手に入れるために瞑想をするのは、ラジャスであり、なかなか神(善なる幸せ)に届きません。実はラジャスであっても神に届くことがインド哲学では研究されていますが、単なる瞑想では非常に長い時間がかかるとのことです。

もっともいいのは、サットヴァの心を伸ばすことです。つまり、正義やあの世の幸せ、本当の意味ので善を恋い焦がれる、つまり、この世のお金や名声を捨てることで、神の世界を見ることができ、到達することができます。

あなたがラジャスであっても、瞑想によってサットヴァに近づくことができます。しかし、それは富や名声への憧れを捨てることと同じ意味です。仏教では『煩悩を断つ』と言います。
インド哲学では、ラジャスの心を小さくしてサットヴァに入ると言います。同じ意味です。

つまり、どんな人間であっても、正しく瞑想すればサットヴァが強くなり、解脱できるということになります。

間違えてはいけないのは、瞑想で幸せになるのではないということ、お金持ちになれるということではないということ、有名になれるということではないということです。
瞑想はサットヴァの心を強くし、涅槃に到達するということです。

涅槃に到達するとどうなるのか

生きたまま涅槃に到達すると、ブッダのようになります。その意味は、瞑想するとわかってきます。
museで頑張りましょう。




魂と肉体の関係




古代インドでは、肉体は魂を乗せる入れ物であり、例えるなら肉体は馬車で、意識が御者、そして魂が馬車の主人だと説明しています。

魂は御者である意識をコントロールして、意識が馬を操ります。
しかし、馬は見えるもの聞こえるもの臭う物に気を取られ勝手に走ろうとします。御者である意識がきちんとしていれば道を逸れることはありませんが、意識もまた、主人である魂の望みとは関係なく進みやすい道を選びがちです。
主人である魂が乗る馬車には窓もなく、何も見えません。ただ、御者である意識から景気や状況を教えてもらうだけです。

勝手に走る馬車と勝手な御者

人生が混乱するのは、勝手に走る馬車と身勝手な御者のせいだとインドの賢者は説明します。
魂がしっかりと意識をコントロールし、肉体を動かすことが重要です。
そのための訓練が『瞑想』です。

 




“Kama Sutra & Tantra” I wonder what title of this book will be.




Now, although it is a book of Tantra and Kama Sutra that I am writing in Japanese and translating into English, I put a lot of CG images of sexual posture.

All posture is made into CG. However, since there are many mistakes in the English version of “Kama Sutra” that I refer to, I translate it back from Sanskrit.
It seems to be finished in a very practical book.

Currently I am worried about what to name the title.

私が日本語で書いて英語に翻訳しているタントラとカーマスートラ の本ですが、私は体位のCG画像をたくさん入れました。すべての体位がCGになります。
しかし、私が参照している英語版の「カーマスートラ」には多くの間違いがあるので、私はそれをサンスクリット語から翻訳ています。非常に実用的な本に仕上がる予定です。
現在、私はタイトルに何を命名するか悩んでいます。




セックスという瞑想




性交中の瞑想は、多くのことを教えてくれます。
インド哲学の基礎である、自分を見つめるということを実践することで分かるのです。

エクスタシーは2種類

エクスタシーには二種類あることが瞑想で分かります。
一つは肉体のエクスタシーで、肉体的な刺激を受けることによってほぼ自動的に訪れます。これは動物的な反射運動です。発情期の動物が何かに突き動かされるように自分を止められずに行うセックスは、このエクスタシーを標的にしているのです。

もう1つは精神的なエクスタシーで、こちらは、おそらく人間だけに与えられたエクスタシーだと思われます。極端に言えば、体を触れ合うことなしに絶頂を迎えることができるのが精神的なエクスタシーです。これは、誰でも手に入るものではなく、熟練した男女の関係によってのみ生じます。ただ、片方に高い能力があれば、相手が未熟であっても精神的エクスタシーに達することも可能です。

男性のエクスタシー

男性の射精は非常に簡単で、リンガへの刺激が一定量を越えれば自動的に射精が起こります。つまり、男性は半分動物であり、非常に簡単に肉体的エクスタシーが手に入るし、その虜になってしまいます。つまり、多くの男性は、この肉体的エクスタシーだけを求めてセックスをしようとします。その時の男性の脳は、完全に動物・獣です。男性の肉体的エクスタシーは、非常に器が小さく、たった一度の射精で満たされてしまうことが通常です。器が大きい男性でも、数回の射精で情熱は空っぽになります。これが男性の肉体的エクスタシーの特徴なのです。
ところが、精神を鍛えた男性は、リンガなどへの刺激を自分の心で打ち消すことができます。ですから、射精を自在にコントロールすることができます。射精欲求をコントロールすることができるだけの精神力の有無が、男性の性的な能力でもあるのです。
この「肉体からの刺激」を心でコントロールすることができる男性は、精神的エクスタシーを知っているとも言えるでしょう。男性の精神的エクスタシーは、悟りに近いとされています。

女性のエクスタシー

女性の肉体的エクスタシーは、非常に曖昧で不安定です。若い女性の多くがエクスタシーを知らないと言われることもあるくらいです。 女性でもバイブレーターなどを使うと、肉体的なエクスタシーが自動的に訪れます。これも男性の肉体的エクスタシーと同じで「獣の快楽」です。
女性も精神的なコントロールでエクスタシーを先延ばしにすることができます。しかし、男性と違い、先延ばしにする必要性が薄いので、そうした能力を身につける必要はないかもしれません。
むしろ、少ない刺激でエクスタシーに達するという「エクスタシーの引き寄せ能力」の有無が女性の性的能力で非常に重要になります。女性の精神的エクスタシーは深い瞑想状態と双子のようです。全く同じかも知れません(私は男性なので断言できません)。ですから、短い時間でエクスタシーを得るには、短時間に深い瞑想に入るというのと同じです。

精神的エクスタシーを得るには

世の中にはエクスタシーを得る情報は数多く存在します。しかし、それは肉体的エクスタシーの情報です。肉体的エクスタシーは自然界の法則に従うので(この世の物質だから)、気候や季節と同じで常に揺れ動きます。ですから、同じ方法を使ってもエクスタシーを得られたり得られなかったりします。空に浮かぶ雲のように不安定なのです。 だから、これをいった決定的な方法がないのです。本やネットの情報どおりにやっても、そのとおりにならないのです。
精神的な世界は世界は普遍です。ですから、精神的エクスタシーを求めれば、常に安定して最高の状態になります。求める気持ちがあれば、必ず手に入ります。

では、その方法は? 瞑想と同じです。肉体の感覚を見つめる自分を探すことです。肉体的刺激の向こう側になる自分を見つけることです。具体的には、自分の感じる部分にだけ意識を集中し、その感覚を俯瞰する自分を見出せば良いのです。

目を閉じ耳を塞げ

つまり、まずは、目を閉じ耳を塞ぎます。耳を塞ぐのは難しいので、リラックスできる音楽に包まれて性交を行います。目を閉じるだけでは足りないかもしれません。部屋を真っ暗にするのもいいし、むしろ目隠しをするくらいの方が集中が高まります。
視覚と聴覚が失った肉体は、触覚を高めます。その高まった触覚をフル活用するべきです。特に男性の目を塞ぐことは重要です。男性は目を開いている時には獣になっているからです。

ランキングに参加中、クリックよろしくお願いします。
同じ話題のブログ一覧もあります。
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ




全世界からアクセスが増えています。Access is increasing from the whole world.




閲覧いただき、ありがとうございます。
Thank you for your access.

全世界からアクセスが増えています。
Access is increasing from people in the whole world.

特にインドの皆さん、そしてアメリカの皆さん、カナダの皆さん、バングラディッシュやアフリカ大陸のみなさん、他にも多くの国からのアクセスを感謝いたします

Indian access is increasing rapidly in particular.
And United States and Canada, Bangladesh, the African Continent.
Besides I’ll be also thankful for access from many countries.





Tantra told woman’s ecstasies are the liberation (nirvāṇa).




カーマスートラには、いくつかの体位が書かれています。
Several sex positions are written on Kamasutra.

しかし、それは、男女の体の相性や体調に合わせて何を選ぶべきかというレベルです。
But that’s said to be what to choose according to chemistry of the body and physical condition.

それでも、単なるピストン運動になりがちな性交ではなく、角度をつけた挿入方法や締め付け具合の調整方法まで書かれています。
Kamasutra said
“you should not do the sexual intercourse which often becomes monotonous piston movement.
There is a tightening way of a pleasant sensation. There are various angles of insertion. You should do.”

タントラ(Tantra)は、カーマスートラの性の技が、意識を涅槃へ導くと語っている。
Tantra is telling that sexual work of Kamasutra leads consciousness to the liberation(nirvāṇa).

ゴールの分からない性行為には、本当のエクスタシーはありません。
There are no true ecstasies in the sexual intercourse which doesn’t understand the goal.

カーマスートラ にはゴールが書かれていません。
The goal isn’t written on Kamasutra.

タントラにはゴールを知る方法が書かれています。
The way to know the goal is written on Tantra.

女性の中にゴールがあり、男性がそれを見つけ出す。
A goal is in woman, and a man finds that.

男性がゴールを見つけた時、女性はゴールを感じる。
When a man found a goal, a woman feels a goal.

女性がゴールを感じた時にだけ、男性はゴールを理解する。
Only when a woman felt a goal, a man understands a goal.

たくさん動く必要はない。
It doesn’t have to move much.

性器にだけ集中するべきではない。
It shouldn’t concentrate on only a sexual organ.

五感を支配下に収めるために、相手に意識を集めろ。
Mind your partner to rule the five senses.

あなたは五感に騙されていたから、ゴールが見えなかった。
Because it was tricked by the five senses, you didn’t see a goal.

あなたは五感に騙されていたから、性のエクスタシーが分からなかった。
Because it was tricked by the five senses, you didn’t understand a sexual ecstasy.

五感を使ったセックスを卒業せよ
Graduate from the sex using the five senses.

カーマスートラ の技をたった1つだけマスターした後、ゴールを見つける努力だけを行え。
After mastering just only 1 of work of Kamasutra, do only the effort which finds a goal by mind.

1つのカーマスートラ の技でゴールが見つからないからといって、他の技を見つけるのは無駄だ。
Even though the goal isn’t found to one of Kamasutra work, it’s wasteful to find other work.

女性が好む体位だけを続ければいい。
Only the posture a woman likes should be continued.

それは、ほとんど動かない体位だろう。
That will be the posture which hardly moves.

女性は、男性器が大きくなるように膣を使う必要があるだろう。
A lady would have to use a vagina so that a male container may become big.

五感を使うな。
Don’t use the five senses.